商品カタログにも便利!ビジネスの場でも活躍中!

自分には何も感じない写真が活用できる?

ネットショップで買い物をしたことがある人は一定数いると思いますが、購入の決め手となった理由の上位を掲載写真の「見た目」に挙げている人も多いです。写真一つで売れ行きが大幅に左右される事も珍しくありません。特にビジネスの場では、企業への良いイメージをアピールする為に、伝えたいイメージを持った写真を求めている企業も多いです。

例えば一家団らんで食事をしている写真があるとします。家族にとってはただの思い出写真となる場合があります。しかし、ハウスメーカーなどが家を販売する際に、イメージに合った写真と捉えるとどうでしょう。その写真をカタログ等に活用し、それがきっかけで家を販売できたとします。その時点でただの写真が、大きなビジネスに貢献したことになります。多様なビジネスが生まれている現在、色々な写真が求められていることは間違いありません。

訴求力の高い写真の残し方について

人は写真から色々なイメージを感じ取ります。そのため、写真も目的にあった構成にしたり、イメージに合った表現であることが重要です。例えばテントを販売するとします。商品カタログに掲載する場合、倉庫で外見を1枚撮った写真と、晴天の日に実際のキャンプ場で外見とテント内からそれぞれ撮った写真。後者を掲載する方が、お客様へ「買いたい」と思わせる写真ではないでしょうか。

以上のことを踏まえると、企業がどのような写真を多用しているか等を研究しておく事も大切です。イメージに合うような写真を残しておけば、思わぬビジネスチャンスに結びつく事もあります。また写真そのものについても、光、背景については最低限意識をして撮っておくのがよさそうです。